有効期限内に手続き

廃車の有効期限内に手続きをする理由

廃車をするにはいろいろな諸手続きがあります。それを行うことによって税金の支払をしなくてすんだり、還付されるお金があるなど得られるメリットもあるので、できるならその期限内に手続きを済ませてしまいたいものです。

車を廃車にするには、まず抹消手続きをしなくてはいけません。手続きは陸運支局が受け付けてくれ、そこに必要な書類一式とナンバープレートを提出して手続き終了となります。廃車手続きそのものは強制されるものではなく、所有者が自主的に行う手続きとなります。廃車については特にしなくてはいけない期限は決まっておらず、所有者が廃車にすることに決めたらそこで手続きを開始することになります。

面倒であればまったく手続きをせずに放置しておくことも可能ですが、それによっていろいろな弊害を受けることも予想されます。まず手続きを放置することによって、自動車税の支払の義務がいつまでも発生することになります。たとえすでに廃車済みで、車に乗っていない証明をしたところで税金の支払が免除されることはありません。特に自動車税は大型の車になるほど高くなりますから、支払いを回避したい場合は早めに手続を行うといいでしょう。

逆に支払いを出来るだけ早く済ませた場合は、メリットが得られる場合もあります。もし自動車税を納めた年度内に手続きを住めせることができれば、月割で税金を還付してもらえます。ただし軽自動車は年額払いなため、たとえ年度の途中で手続きをしてもこの還付を受ける対象にはなりません。

早めに手続きして還ってくるのは自動車税だけではなく、自賠責保険も同様です。自賠責保険はまとめて支払うシステムになっているので、解約手続きをすればこの分も残存期間がある分だけ戻ってきます。ちなみに任意保険については保険会社によって条件が違いますから、現在加入している保険について変換されるお金があるかどうかは個別に保険会社に問い合わせる必要があります。

廃車手続きはやらなくても特に罰則はありませんが、いずれ処分することが決まっているなら書類の提出を後回しにせず早めに片付けてしまうほうが何かと得になることがあるのでお勧めです。このように、廃車手続きを期限内に完了しておくことで得られるメリットは、金銭面だけでも大きいものがあります。戻ってきたお金は次の車を購入する費用に当てられますし、お小遣いとして使うこともできるので、なるべくその権利を放棄せず可能な限り受け取っておくのがいいでしょう。”