印鑑証明が必要?

廃車には印鑑証明が必要ってしってましたか?

廃車とは、自動車登録を抹消し、自動車をスクラップにしてしまう方法です。この手続きをするためには、いくつかの書類が必要になりますが、自ら用意しておかなくてはならない重要な書類に印鑑証明があります。印鑑証明とは、住民登録をしている市町村役場に登録をした印影の証明書のことです。例えば、廃車手続きもそうですが、住宅ローンを組む時、遺残相続を行う時など、重要な手続きを行う時に必ず求められる書類です。大人になれば何かしらの場面で必要になるものなので、登録して準備しておきましょう。登録する印鑑は実印と呼ばれるものになります。

判子には認印、銀行員、実印、訂正印などいくつかの種類がありますが、実印は中でも最も重要な印鑑です。社会・法律上の義務や責任の発生に伴うため、必要な場面でしか使いませんし、管理はしっかりしておく必要があるでしょう。では、実際にどのような印鑑が実印になるのかですが、実印は判子屋で特別受注して作ってもらうのが一般的で、偽造しにくいように字体にもこだわり、姓と名前を彫った方が安全です。そして、作製してもらった印鑑を役所または役場に持っていき、印鑑登録の申請を行います。この登録を行って初めて実印として認められます。

印鑑証明は実印登録をした後に、役所または役場にて発行してもらえます。発行時には、その都度実印が必要です。印鑑証明の目的は、重要な書類に実印を捺印する時に、この印鑑は登録された実印です、という証明になります。ただし発行から3か月以内のものでないと効果がないので、必要な時に発行してもらうようにしましょう。ちなみに、本人が廃車手続きができない場合に家族など他人が代理で手続きをすることもできますが、この場合でも自動車所有者の実印と印鑑証明が必要です。また、それに加え委任状も必要になるので用意しておきましょう。

廃車手続き自体はさほど難しいことはありませんが、必要書類がないと手続きを取ることができません。必要な書類には原則として印鑑証明、車検証、ナンバープレート(代理で手続きをするのなら委任状も必要)があります。その他の申請書などは手続きをする運輸支局にて用意できるので、あらかじめ用意しておかなくてはならないのはこれら3つです。印鑑登録は成人や結婚を機に用意する方が多いですが、登録していないことも少なくはありません。いずれは使うものなので、廃車手続きを機に印鑑を作成し、実印の登録を済ませてしまいましょう。”