廃車の種類

廃車の種類とそれぞれにかかる費用

人間に戸籍があるように自動車にも籍があり、廃車をするにはこの籍をなくすための手続きが必要になります。自動車の除籍手続きには、一時抹消登録と永久抹消登録の2種類あり、そのうちのどちらをおこなうかによって、かかる費用が異なってきます。まず一時抹消登録による廃車ですが、これは海外赴任をするなどの理由で、しばらくの間自動車を使用しなくなる場合におこなわれています。使用していない間に自動車税などの税金の請求をストップさせるために、一時的に除籍しておくわけです。手続きは陸運局や軽自動車検査協会でおこなわれ、かかる費用は100円の印紙代と350円の手数料となっています。

一時抹消登録をおこなうと、その自動車を公道で運転することはできなくなります。もちろん一時的な廃車ですから、再度登録することで、再びその自動車を運転することができるようになります。登録には、中古車新規登録という手続きが必要になります。具体的には、新しいナンバープレートを用意する手続きや、自賠責保険に加入する手続きが必要です。これらもやはり、陸運局または軽自動車検査協会でおこなわれます。かかる費用は、自動車の種類や状態にもよるのですが、手数料やナンバープレートの料金、自賠責保険料をあわせると3~4万円ほどです。

次に永久抹消登録をする場合ですが、これは除籍手続きのみをする場合と、除籍手続きに加えて自動車そのものを解体して完全に廃車する場合とに二分されます。除籍手続きのみの場合は、陸運局や軽自動車検査協会でおこなうことができます。そしてかかる費用は、印紙代の100円のみとなります。解体する場合には、解体業者のもとへ車を運ぶことが必要です。その車が運転できる状態なら、運転によって持ち込めば良いですが、運転できない状態なら、レッカーや牽引などが必要になります。その場合、解体業者または別業者に、その作業も依頼することになります。

解体にかかる費用は、自動車の大きさによりますが、だいたい1~2万円ほどです。大型車の場合は3万円ほど必要になることもあります。これとは別に、解体によって出てきた廃材を再利用するためのリサイクル料金を支払う必要があり、これがたいだい1~2万円となっています。また、先述したようにレッカーや牽引で引き取ってもらう場合には、この費用が1万円前後かかります。このように廃車の手続きには複数あり、それによって費用が大きく異なってくるのです。そのためまずは、どの形での廃車が必要なのか、状況を考えながら決める必要があります。”